「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
読む、 #ウェンホリ No.07-01「好きを仕事にする場合の向き・不向き」
見出し画像

読む、 #ウェンホリ No.07-01「好きを仕事にする場合の向き・不向き」

「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

ラジオ書き起こし職人・みやーんZZさんによるPodcast「WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)」書き起こしシリーズ。通称「読む、#ウェンホリ」。第7回の芸人・スピードワゴン小沢一敬さんとベーシストのハマ・オカモトさんの対談から「趣味がなくても豊かに暮らすことはできる?」をお届けます。

今回のトークテーマは「好きを仕事にするって本当に心地良い?」。世の風潮として「好きを仕事にする」が良いことのように語られることが増えていますが、ときには好きだからこそ辛いこともあるでしょう。そこで今回は、好きを仕事にしている小沢さんとハマさんが、このテーマについて大いに語ります。

好きを仕事にするのは、果たして本当に心地良い?

小沢:ということで、ゲストのハマ・オカモトくんです。よろしくお願いします。

ハマ:お願いします。

小沢:いや、ご無沙汰しております。

ハマ:ご無沙汰です。嬉しいです。なんか、こういう機会でお話できるのは。僕がゲストで小沢をお迎えしたことが、自分の番組では……偉そうですけどね。あるんですけども。

小沢:呼んでいただきまして。今回は、なんか僕がパーソナリティという形でちょっと……気持ち悪いでしょう?(笑)

ハマ:気持ち悪くはないですけど(笑)。いや、嬉しいなと思って。

小沢:なんの話をしようかな? って言われても……まあ、「仕事と暮らし」をテーマに話そうっていうことなんだけど。

ハマ:いや、結構大きいテーマですよ?

小沢:大きいテーマだよね。で、この番組はね、仕事や暮らしにおける心地良さについて話すんだけど、好きなことを仕事にしているわけじゃない?

ハマ:そうですね。はい。

小沢:それは果たして本当に心地良いのか? っていうような。

ハマ:いやー、これはなかなか太いテーマですよね(笑)。

小沢:俺、でも結構結論があって。

ハマ:おっ!

小沢:今までもずっとこれ、考えてきたことなんだけど。たとえば「音楽が好きだから音楽を仕事にしたい」とか、「お笑いが好きだからお笑いを仕事にしたい」とか、みんな思ってるじゃない? で、お笑いは特にそうだと思うんだけど。「お笑いが好きだから、お笑いをやりたい!」っていう人、いるんだけど。受信をするのが好きなら、やめた方がいいかな。発信するのが好きなら……だから、「音楽が好き」って言っても、聞くのが好きな人と、やるのが好きな人っているじゃん? そういうふうに思っているのね。

ハマ:それは実は大きな差というかね。ですよね。とってもそれ、わかります。

小沢:だから俺も本当はね、お笑いはね、受信をするほうが好きだから。向いてないんだよね(笑)。若手のお笑いを見るのが大好きでさ。

ハマ:元々、じゃあやっぱり見る側で……でも、そうですよね。影響を受けるって、そうじゃないですか。誰だって受信ですもんね。やっぱり。

小沢:そうね。やってみて、難しさも楽しさもわかるし。あとさ、もう今、OKAMOTO'Sは何年やってる?

ハマ:12年目ですね。

小沢:そうするとさ、取材とかでさ、「若い頃、苦労したでしょう?」とか言われるじゃん?

ハマ:はいはい。そうですね。デビューが19だったんですよ。なんで、よく言われてました。

小沢:言われるけどさ、その当時さ、「今、苦労してるな」なんて思わないでしょう?

ハマ:思わないですね。

小沢:だから俺らの世代でも、お笑いをやってる人たち、たぶんみんなに聞いても、「若い頃、苦労したから今がある」なんて言う人、1人もいないと思うよ。みんな、周りは「苦労だ」って言うけど、そんなの気にしてない人たちしかいないじゃん?

ハマ:まあ、残れないというか、やり続けることがちょっとね、難しくなるかもしれないですよね。そう思いながらずっとやっちゃうと。

小沢:ということで、結論が出たんで……(笑)。

ハマ:これね、「前後編ある」と聞いてるんですけど?(笑)。

小沢:ええっ? これで終わりじゃないの? もう結論は……(笑)。

「好き、嫌い」というより「興味を示すか、示さないか」

ハマ:でも、小沢さんがおっしゃった、その「受信と発信」っていう。それはね、僕は本当に今、おっしゃったから乗っかるみたいになっちゃいますけど。

小沢:乗っかって。100人まで乗せていいから(笑)。

ハマ:乗せていいんですね?(笑)。あのね、まったく同じことは思いました。僕も年に何回か、やっぱりいまだに、「いや、聞いてるだけの方が楽しいんだよな」って心の底から思うことあるんで。「やめたい」とじゃなくて。

小沢:わかるわかる。

ハマ:やっぱり聞いてて「うわっ、すごい!」とか「かっこいい!」とか思ってるのが、たぶん、いちばん楽しくて

小沢:当然、だからそれを持ってなきゃダメだなとは思うの。そのカテゴリーというか。お笑いとか音楽とかのファンでずっといたいっていうか。

ハマ:ああ、そうですね。ファンですね。そうそう。

小沢:いまだにだってさ、若手の面白い漫才師、出てくると俺、熱くなるもん。「うわっ、すごいすごい! 見たい!」って。変な話、これ、あんまり言うことじゃないかもしれないけど。同世代とか先輩が出てても俺、テレビ、音を消しちゃうのよ。

ハマ:そこは別に……なんですね。

小沢:うん。「もう知ってる」と思うから。知らないのが見たいんだよね。

ハマ:ああー。そこにでも、たぶん嫉妬したり、やっかむ方もいらっしゃるじゃないですか。きっと。新しい才能というか、若手が出ると。まあ、新しいバンドが出るとか。まあある意味、その自分のやっているテリトリーを、言い方はあれですけども、脅かす可能性のある……。

小沢:えっ、ハマくんは若いバンドを観て、嫉妬するときあるの?

ハマ:それは、ないです。小沢さんと同じくかもしれない。だからその、「観たい、観たい!」とか、ワクワクする気持ちがあるっておっしゃったんで。それはすごい健全っていうか、わかるなと思いつつ、「そうじゃない人もいるな」と思って。

小沢:フェス、あるじゃん? 音楽なんかだと。それに若いバンドとかが出てると、やっぱり観に行く?

ハマ:気にしますよ。もちろん。ですし、やっぱりまあ、それはどんな事柄もそうかもしれないですけど。やっぱり「好き、嫌い」というよりは、「興味を示すか、示さないか」みたいなのは大きくあるじゃないですか。なんでやっぱり、それは世知辛いですけど。自分の物差しで言えば、別に一聴して「ああ、なるほどね」って終わる人もいるし。でも、またその逆もあって。「お話、してみたいな」とか。やっぱり掘ってみたいっていうか。「なにを聞いて、こうなったんだろう?」とか。

小沢:ねえ。「誰が好き?」って聞いちゃうもん。

ハマ:そうですよね。で、「誰が好き?」って聞く、ある意味1歩目を提示してくれる瞬間ってやっぱりあるんで。

<No.07-02に続く>

文:みやーんZZ


Podcast「WEDNESDAY HOLIDAY」#7の視聴はこちらから

▼Spotify

▼Apple Podcast

▼Google Podcast


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
SmartHRがはじめる「働くの実験室(仮)」は、さまざまな取り組みを通じて人と企業のこれからを模索するプロジェクトです。社会の変化をしなやかに受け止めながら小さな試みを繰り返す、実験室のような存在を目指します。こちらでは実験の過程を随時公開しています。