「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
読む、 #ウェンホリ No.02-01「その日の視点で、世界は変わって見える」
見出し画像

読む、 #ウェンホリ No.02-01「その日の視点で、世界は変わって見える」

「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

ラジオ書き起こし職人・みやーんZZさんによるPodcast「WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)」書き起こしシリーズ。通称「読む、#ウェンホリ」。今回は、第2回のタレント・新内眞衣さんと哲学研究者・永井玲衣さんの対談から「その日の視点で、世界は変わって見える」をお届けます。

趣味に「念入りな散歩」と入れるほど、毎日のように街を歩いているという永井さん。その理由は、何千回と歩いた道でも日によって違った見え方がするからだとか。そうした世界の見方に新内さんも同意します。

哲学は他者が必要な学問

新内:さて、この『WEDNESDAY HOLIDAY』なんですけども。「心地良さってなんだろう?」をテーマに考えていくポッドキャストで。哲学研究をされてると、やっぱりメンタル的に大変だったりとか、つらいって思うことって、やっぱりありますかね?

永井:そうですね。これも前回の哲学対話の話じゃないですけど。やっぱり1人でやると苦しいですよね。終わりのない問いなので。で、研究自体もやっぱり協力プレイだと思うんですよね。哲学者って本当におしゃべりで、すぐ研究会するんですよ。

新内:ああ、そうなんですね。

永井:もうとにかく人と集まって何とかしようとするっていうような。他者がつくづく必要な学問だなと思いますね。

新内:「哲学対話」じゃなくても、哲学の研究者の皆さんも、やっぱり対話をして研究をなさっているってことですか?

永井:そうなんですよ。だって哲学書とか、1人で読めるわけがないんですよ。あんなの。

新内:アハハハハハハハハッ!

永井:あんなの、意味がわかんないですから。

新内:「めちゃくちゃ難しいな」っていう印象ですね。

永井:めちゃくちゃ難しいですよ。研究者が集まって、みんなで「これ、どういう意味?」ってずっと言ってますから(笑)。

新内:それこそ、やっぱり哲学対話の研究とか哲学の研究をしてると、そのインプットする時間……結構お話をされることが多いので。アウトプットの時間の方が長いと思うんですけど。インプットの時間をつくるのとか、すごい大変じゃないですか?

永井:ああー、まあ、そうですかね? ただ、哲学対話ってよく聞くことを大切にするので。インプット……「インプット」って言っていいのかな? 常にやっぱり聞いてるんですよね。

新内:ああー。それが一種のインプットになってるのかもしれないですね。いや、でも忙しい中でリフレッシュするって、どういうときに……なんか、リフレッシュってできてます? その、カフェとかにフラッと入ってコーヒーを飲んでるときに、やっぱり考えちゃったりしませんか?

永井:します、します。

新内:いつ、リフレッシュするんですか?

永井:ええっ? リフレッシュ……リフレッシュって、何ですか?(笑)

新内:フフフ(笑)。

永井:哲学……嫌ですよね。こういうの、本当に嫌われるんですよ。「ああ、出た、出た」っつって(笑)。

新内:アハハハハハハハハッ! たしかに。リフレッシュって何なんだろう? リフレッシュ……。なんか、方法とかありますか? 自分的にリフレッシュになる……。

永井:ああ、それは私のプロフィールに書いてある「念入りな散歩」ですかね。

何千回と散歩しても、まだまだ奥行きがある世界

新内:すっごい気になってました(笑)。「丁寧」とか、なんか「運動重視の散歩」とかではなく「念入りの散歩」っていう……なんですか、これは?

永井:いや、散歩を念入りにするんですよ。時間的にも、あとはなんていうんすかね? 歩き回って、街をとにかく見るっていうか、見回るというか。私は近所をもう何千回と散歩してるんですけど。いくら見ても、やっぱりまだまだ奥行きがあるんですよ。

新内:それは、わかります。私も散歩好きなので、すっごいわかります。

永井:ねえ。いいですよね。

新内:いつも同じ道通ったとしても、全然その木が違ったりとか、お花が咲いていたりとか。「ああ、ここに新しいお店ができたんだ」って思ったりとか。本当にその日の視点によって全然違ったりしますよね?

永井:そうなんですよね。私、この間歩いていて、何千回と通った商店街の屋根のところに……ふと、上を見たらなんか変な三角形のオブジェがついてて。すごい、結構大きかったのに今まで気づかなかったですよ。それを見つけた瞬間、嬉しすぎて、走っちゃったんですよ、私(笑)。「ああ、まだこんなにも世界って気づかないことがあるんだ!」と思って。もう嬉しくなって、走っちゃって走っちゃって。結構危ない状態でしたけど。そういうのがリフレッシュになってるんですかね?

新内:えっ、念入りな散歩……すごい念入りな散歩について、詳しく聞きたい気持ちが先走ってしまってるんですけど。念入りな散歩で、週に何回とか決めてたりはするんですか?

永井:ああ、毎日しますね。必ず。

新内:雨の日とか、どうするんですか?

永井:全然しますよ。

新内:わお!

永井:深夜とかしたりしますね。

新内:私も深夜、します。

永井:ああ、本当ですか?

新内:すごい私、お酒を飲んだ後に歩いて帰るの、大好きなんですよ。

永井:わかるー! 最高ですよね。

新内:最高なんですよ(笑)。なんか本当に、誰に気を使うわけでもなく、静かな東京の街を歩くっていうのがすごい好きで。それこそ「ああ、今日は東京タワー、何色だ」とか「今日、スカイツリーは光ってないな」とか。本当にどこにいても、なんか都市的な建造物って見えたりするので。「ああ、ここからだと東京タワーはこう見えるんだ。ここからだとスカイツリーはこう見えるんだ」っていう発見があったりとか。「ああ、いつもとは違う道を通ってみよう」って思うと、なんか知らない人がいたりとか。それがすごい大好きで。散歩、最高ですよね。

永井:やっぱりさすが、出てくるワードが「東京タワー」とか「スカイツリー」とか、かっこいいっすね。私なんか「商店街の三角のオブジェ」とか言っていたから、恥ずかしくなっちゃった(笑)。

新内:全然です(笑)。

No.02-02へ続く>

文:みやーんZZ


Podcast「WEDNESDAY HOLIDAY」#2の視聴はこちらから


▼Spotify


▼Apple Podcast


▼Google Podcast



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
SmartHRがはじめる「働くの実験室(仮)」は、さまざまな取り組みを通じて人と企業のこれからを模索するプロジェクトです。社会の変化をしなやかに受け止めながら小さな試みを繰り返す、実験室のような存在を目指します。こちらでは実験の過程を随時公開しています。