「きのう“誰と”食べた?ケアを可視化する『共食』のレジリエンス」浅井直子#WORKandFES2021
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「きのう“誰と”食べた?ケアを可視化する『共食』のレジリエンス」浅井直子#WORKandFES2021

「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

※このコラムは、2021年12月11日に開催されたオンラインイベントWORK and FES 2021のノベルティ「WORK and FES 2021副読本」に掲載しているものです。そのほかにも、多彩な面々のインタビュー記事などが掲載された副読本のプレゼントキャンペーンを3/4(金)〜3/31(木)まで実施しています。ご希望の方はこちらのフォームよりご応募ください。

きのう“誰と”食べた? ケアを可視化する「共食」のレジリエンス

確かに昨日は、納会だからと久々に集まり、やはり納会だからともう1軒だけ立ち寄り帰路についた。コロナ禍1年目の2020年末。はしご酒のメッカ、天下の品川区某地域といえども時短営業に伴い夜10時にはどこも店じまいで、それほど酔った覚えはない。しかし、バッグのなかにはなぜか、へにゃりとひしゃげたビニール袋入りのロールパンが5個......。ああ、そうかと記憶が蘇る。

1軒目の大衆酒場で「明日の朝ごはんに」と、大将から帰り際に手渡されたのだ。いわゆる「名店」とされるコの字カウンターの酒場は、オープンするやいなや、日々、多様な客で埋め尽くされる。

独特の雰囲気に気圧されながらもはじめて暖簾をくぐった20代の勇者につかず離れずのアドバイスをする女性客。ワンオペの店主を見かねて、いつの間にかカウンター内で皿洗いをはじめる高齢客。カウンターから見渡せる勝手口には、店への差し入れを手にした地元民と思しき中年夫婦。もつ焼きを頬張りながら、彼らの自発的(かつ恐らく無意識)な行動は、束の間「肩を並べて食べる他者」へのいたわり、ささやかなケアの表れ(大将がくれたロールパンしかり)であることに気づく。

コロナ前、「共食」の場に見出していた心地よさの正体は、この「ケアの可視化」ではなかったか。

人類学者で食文化研究の大家、石毛直道は、「人間は共食する動物である」と人間と動物の境界を説いた。

「家族以外の誰かと共に食べること」が制限されるコロナ禍において、「共食とは何か?」という問いは、「共食の何が人を人たらしめるのか?」と思考を巡らせる絶好の機会でもある。

歴史学者の藤原辰史は、著書『縁食論—孤食と共食のあいだ』(ミシマ社)で、「縁食(えんしょく)」という概念を掲げ、こう述べている。

「縁食とは、孤食ではない。複数の人間がその場所にいるからである。ただし、共食でもない。食べる場所にいる複数の人間が共同体意識を醸し出す効能が、それほど期待されていないからである」。

先の酒場で紡がれるゆるやかな関係性は「共食」よりも「縁食」のそれに近いのかもしれない。いずれにせよ、これまで、飲食店における「共食」のシーンではとりわけ「何を食べるか」に重きが置かれてきた。しかし、コロナ禍の今、共食がもたらす弾力性と包括性に富んだ「いたわり」を、「誰」と交わし合うのかが問われるように思う。

その舞台が市井の酒場でも、ガストロノミー・レストランでも。

Photography:Yoshimi

浅井直子(あさい・なおこ)
編集者。『料理王国』前副編集長。三重県生まれ、愛知県育ち。中央大学文学部社会学科卒業後、広告制作会社などを経た後、独立。主にファッションと食のコンテンツ制作に関わり、2019年、『料理王国』副編集長に。2021年よりフリーランスの編集者として食と酒を主軸に活動しつつ、現在、食を文脈で読み解くメディア「FOOD commons」の準備と今年発行予定の日本酒本を執筆中

※このコラムは、2021年12月11日に開催されたオンラインイベントWORK and FES 2021のノベルティ「WORK and FES 2021副読本」に掲載しているものです。そのほかにも、多彩な面々のインタビュー記事などが掲載された副読本のプレゼントキャンペーンを3/4(金)〜3/31(木)まで実施しています。ご希望の方はこちらのフォームよりご応募ください。


■働くの実験室(仮) 公式サイト
WORK and FES 2021を主催する働くの実験室(仮)の最新情報や裏話、実験の種が届くニュースレター登録は下記ウェブサイトから 👶

■公式Twitter
随時、情報発信中です!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
SmartHRがはじめる「働くの実験室(仮)」は、さまざまな取り組みを通じて人と企業のこれからを模索するプロジェクトです。社会の変化をしなやかに受け止めながら小さな試みを繰り返す、実験室のような存在を目指します。こちらでは実験の過程を随時公開しています。