「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

SmartHRがはじめる「働くの実験室(仮)」は、さまざまな取り組みを通じて人と企業のこれからを模索するプロジェクトです。社会の変化をしなやかに受け止めながら小さな試みを繰り返す、実験室のような存在を目指します。こちらでは実験の過程を随時公開しています。

読む、 #ウェンホリ No.03-04「他人から不幸に見えても、自分が幸せだったら問題ない」

<No.03-03から続く> できないことをやってみると、自分の武器がひとつ増える 宮治:「心地良い仕事」って、よくわかんないんですけど。僕、噺家になって。それで今、『…

読む、 #ウェンホリ No.03-03「1人になって気づく、1人じゃ生きていけないこと」

<No.03-02から続く> 働きやすい環境は、自分でつくっていかないといけない 堀井:いやいや。でも本当にもう、飛ぶ鳥を落とすとはこのことで。もう本当にこうやって積み…

読む、 #ウェンホリ No.03-02「自分が決めた道は、どんなにつらくても楽しめる」

<No.03-01から続く> トップセールスマンから落語家への転身 堀井:31歳のときにキャリアの転身をなされたということで。まあ、この話はみなさん、ご存知の方も多いかと…

読む、 #ウェンホリ No.03-01「初対面ながら意気投合する、堀井さんと宮治さん」

急に鼻をかみだす、自由な堀井美香さん 堀井:今回のゲスト、落語家の桂宮治さんは東京都出身の現在45歳。化粧品会社のサラリーマンとして順風満帆の生活を送る中、31歳の…

読む、 #ウェンホリ No.02-03「なにもバカにしない。他人のことも、自分のことも」

<No.02-02から続く> 毎日無理なく過ごしたい。でも、適度なスパイスもほしい 新内:心地良さを考えるうえでやっぱり暮らしとか仕事は切り離せないと思うんですけど。30…

読む、 #ウェンホリ No.02-02「私たちのしんどい日常を、哲学がぶち壊してくれたら」

<No.02-01から続く> 考えることが心地良い場をつくりたい 新内:まあ、そんななかで心地良さってどんなところにありますか? って……ちょっと唐突すぎますね。すいま…