「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

SmartHRがはじめる「働くの実験室(仮)」は、さまざまな取り組みを通じて人と企業のこれからを模索するプロジェクトです。社会の変化をしなやかに受け止めながら小さな試みを繰り返す、実験室のような存在を目指します。こちらでは実験の過程を随時公開しています。

「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

SmartHRがはじめる「働くの実験室(仮)」は、さまざまな取り組みを通じて人と企業のこれからを模索するプロジェクトです。社会の変化をしなやかに受け止めながら小さな試みを繰り返す、実験室のような存在を目指します。こちらでは実験の過程を随時公開しています。

    マガジン

    • WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)

      2022年6月8日(水)からスタートするPodcast番組「WEDNESDAY HOLIDAY」のマガジン。 「WEDNESDAY HOLIDAY」は、働き方やライフスタイルが多様化する中でそれぞれが感じる「心地良さ」をテーマに、毎回さまざまな分野で活躍する2名のゲストがゆるやかに語り合うトークプログラムです。さまざまな世界で活躍する2名のゲストを招き、暮らすことや働くことについてリスナーのみなさんと共に考えます。

    • WORK and FES 2022

      2022年12月21日(水)に実施する「“働く”のこれからをさがす1日」がテーマのオンラインフェスWORK and FES 2022についてのマガジンです。

    • WORK DESIGN AWARD

      働き方をアップデートするため奮闘する組織や人を応援し続ける「WORK DESIGN AWARD」についてのマガジンです。

    • 読む実験準備室

      「働くの実験室(仮)」プロジェクト内のさまざまな取り組みの過程や裏話、時にメンバーの想いを綴った記事をまとめています。メイキングのような存在です。

    • WORK and FES 2021

      2021年12月11日(土)に実施する「“働く”の未来を考える1日」がテーマのオンラインフェスWORK and FESについてのマガジンです。

    リンク

    最近の記事

    読む、 #ウェンホリ No.17「不謹慎に対する価値観を寛容さで変えていく」

    “不謹慎”の線引きを決めるものとは? 堀井:小国さん、いろんな取り組みをされてるんですけども。たとえば、この「注文をまちがえる料理店」っていうのも、パッと聞いただけだとちょっと誤解を生んでしまうとか……「そうか、そうか。認知症の方たちがそんなことをするんだ」って。まあ、なんでしょう? 言葉は悪いんですけど「不謹慎だ」みたいなこともなんとなく、言われたりするということもおありだったんですか? 小国:ありますね。その認知症の状態にある方がホールスタッフを務めて。で、注文を取っ

      • 12/21(水)、 “働く”のこれからをさがす1日「WORKandFES 2022」を開催します!

        こんにちは! 「働くの実験室(仮)」のpsanaeです。 昨日、情報解禁になったばかりのイベントのお知らせです。 大型オンラインフェス「WORK and FES」を12/21(水)13:30〜20:30に開催します!👏 ■ 「WORK and FES 2022」公式サイト(無料参加申込はこちらから) WORK and FESは2020年に始まった大型オンラインイベント。 昨年は4,000名を超える方々にご参加いただきました! 今年は昼間は「WORKの部」として昨今の働く

        スキ
        1
        • 読む、 #ウェンホリ No.16「みんなが助け合う社会の実現を目指して」

          みんなで助け合う社会づくりが政治の役目 岸本:本当に困ったらやっぱりちゃんと行政が助けてくれるっていう、そういう社会のために。やっぱりそれのために税金を払ってるわけだし。そのために社会保障があるわけだし。それを、どうしても自己責任的な考えで……「自己責任」って本当に怖いなと思うんですけど。「自分も一生懸命やるけども、人のことは関係ない」っていう、そういう考えだと本当に自分が困ったときに……ってなってしまうので。だからやっぱりみんなで助け合う社会づくりっていうの政治の役目かな

          • 「WORK DESIGN AWARD 2022」 受賞企業・団体が決定! グランプリは、 学校法人 新渡戸文化学園#WORKDESIGNAWARD2022

            こんにちは! 働くの実験室(仮)プロジェクトのpsanaeです! 6月から始まった、働きやすさをアップデートした取り組みを見つけ・広め・讃えるアワード「WORK DESIGN AWARD 2022」。 応募いただいた98件の取り組みの中から、審査会を経てグランプリと各部門の受賞取り組みが決定し、11/10(木)に授賞式を実施しました 🎊 開催の授賞式では、3名の審査員と、スペシャルプレゼンターである木梨憲武さんと伊藤淳史さんが出演、受賞者のみなさまに盾を贈呈しました。

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • WORK and FES 2022
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • WORK DESIGN AWARD
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • 読む実験準備室
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • WORK and FES 2021
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • 働くの実験室(仮)
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            読む、 #ウェンホリ No.15「多様な人が住む街で、多様な意見と向き合うために」

            話し合いのなかで共通項を増やしていく 堀井:今回は「それでも私たちは異なる意見を持つから問題を解決できる」ということで伺っていきたいなと思っております。昨今ですね、多様性やダイバーシティという言葉を耳にする機会が増えました。 実は似た意見を持つ人が集まる画一的な組織というのは変化に弱くて、死角に気づきにくいといった弱点が指摘されています。それを補うために性別や年齢、価値観などが違った個人を組織のなかに幅広く受け入れていくことで、複数の視点を持って問題解決を目指そうという動

            スキ
            2

            新渡戸文化学園が臨んだダイバーシティあふれる未来の学校づくり#WORKDESIGNAWARD2022

            「WORK DESIGN AWARD」は、働き方をアップデートするために奮闘する組織や人を応援したいという思いから創設されたSmartHR主催のアワード。2回目の開催となる2022年は、全7部門(公募は6部門)を設け、合計で100近くの企業や団体から応募が集まりました。 そのなかでグランプリに選ばれたのが、新渡戸文化学園が取り組む「ダイバーシティあふれる未来の学校づくり~二刀流教員×学外人材×旅する学校~」です。 教育現場のブラック化が深刻化し、教員志望者が減少しているな

            スキ
            13

            読む、 #ウェンホリ No.14「みうらじゅんさんと一緒に朗読で成仏」

            副部長さんからの悩みを朗読で成仏 堀井:さあ、それではですね、人生を考えてまいりましたけれども、ここからはこちらのコーナーです。「朗読で成仏」。ラジオをお聞きのあなたのお仕事の悩み、モヤモヤを成仏するコーナーです。 今回は小学4年生の頃から仏像に目覚めた、仏教にも明るいみうらじゅんさんも一緒にリスナーの悩み、モヤモヤを成仏していきます。まずはこちらからです。「副部長」さん。50代会社員の方です。 「友人、知人が活躍していると……特に講演や登壇など目立つ活躍をすると、不意

            スキ
            7

            読む、 #ウェンホリ No.13「マイブーム、なんですか?」

            マイブームの在庫、ないんです 堀井:今、ブームという話もありましたけれども。これも最後にちょっと質問で伺いたいんですが。ずっと「マイブーム、なんですか? マイブーム、なんですか?」とその都度、聞かれてきたかと思いますが。 みうら:今、聞こうとしてるでしょう? 堀井:ええ、もちろん(笑)。 みうら:用意、ないですよ。もう、在庫、ないんで。在庫切れで(笑)。 堀井:もう在庫切れ(笑)。お苦しい立場だったと思います。「マイブーム、なんですか?」って言われるたびに、何かまた

            スキ
            12

            読む、 #ウェンホリ No.12「他人にボツにされても、自分はボツにできない」

            書いた企画の数は3ケタ。ボツだらけだった20代 堀井:2016年から企画を立ち上げて、6年越しの放送という。2022年の10月24日。この日から月曜日、夜10時からフジテレビ系列での放送です。 以前、TBSでドラマをしていた方が6年かかって今度はフジテレビで放送という、この『エルピス —希望、あるいは災い—』というドラマなんですけれども。こうやって企画を長い年月かけてやっていくものもあれば、佐野さん、たくさんの企画を出されてるかと思うんですが。もうほぼ通ってるっていうイメ

            スキ
            35

            読む、 #ウェンホリ No.11「曖昧にしないことで変わるチームのあり方」

            やりがい搾取にならない構造をつくりたい 堀井:じゃあ、いろいろとお話を伺ってきたんですけれども。ドラマのこれからのつくり方とか、ドラマの現場というのを佐野さんはどういうふうになっていったらいいなって考えていますか? 佐野:そうですね。いろんな課題があると思うんですけれども。ひとつは、ちゃんと日本のドラマが海外市場に出て、海外市場に出たらその分、お金が入ってくるっていう……今、日本の国内だけではやっぱり市場がどうしても小さいので。それがちゃんと海外市場に出ていくことで、きち

            スキ
            6

            読む、 #ウェンホリ No.10「相手への好奇心をきっかけに組織は変わる」

            聴くうえで大切なのは、相手への好奇心 篠田:「聴く」って面白いなと思って探求してるなかで出会った洋書を監訳させていただく機会があって。『LISTEN』という本が去年、出たんですけど。そのなかでもやっぱり「好奇心が大事」っていうことが何度も何度も書いてあって。検索したら35回、書いてあったんですけど。 だから「ああ、私が身近で見てたことと同じことをこのアメリカの方がおっしゃっている」って。だからやっぱり相手にピュアに好奇心を持つっていうのが聴くということができてる方の共通項

            スキ
            5

            読む、 #ウェンホリ No.09「仕事から離れることでわかる自分の置き場所」

            「ほぼ日の篠田さん」ではなく、「ただの篠田さん」へ 堀井:篠田さんはほぼ日さんを辞められてから「ジョブレス」の期間があったという。これも、私は50歳で(TBSを)辞めたときに、もうやっぱり「次の石を置いておかないと!」と思って必死だったわけです。そのジョブレスとか、なにかを1回やめるっていう勇気もなかったし。そんなことは考えられなかったんですけど。ジョブレスする勇気は、よくありましたね(笑)。自然な流れだったんですか? 篠田:自然な流れと……まあ、でも自然な流れが8割、9

            スキ
            5

            #働くの実験室(仮) Podcast「WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)」 レギュラー版スタートのお知らせ👏👏

            こんにちは!室長のnakamariです👩‍🔬 夏が終わり、だいぶ涼しくなってきましたね! 冬が来る前に、今のうちにたくさん散歩しないと、と思っています。 そして今日は、楽しい発表をもってきました。 6月・7月に全8回の特別番組としてお送りしたPodcast「WEDNESDAY  HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)」。なんと、昨日からレギュラー版として再スタートしました🎉🎉 今日は新生 #ウェンホリを、たっぷりご紹介しますね。 ■ 9/28配信回 👏 特別番組では毎

            スキ
            2

            読む、 #ウェンホリ No.08-04「好きなことについて話す、もうそれだけでエンタメ」

            <No.08-03から続く> 二人がハマっている『アンブレラ・アカデミー』 小沢:配信物とかは観てる? ハマ:配信物、観ますよ。 小沢:なにを観てる? ハマ:まあ、もう本当にプラットフォーム的に言うとNetflix、Amazonプライムビデオ、Hulu、dTVとかあのへんも、もうあらかた。やっぱり特色があるんでね。 小沢:『アンブレラ・アカデミー』、観てる? 俺、もうめちゃくちゃ好きなの、『アンブレラ・アカデミー』。 ハマ:面白かったですね。 小沢:もうシーズ

            読む、 #ウェンホリ No.08-03「エンタメは、生きる理由になる」

            <No.08-02から続く> 「エンタメと無縁だ」と思っていても、そんなことはない 小沢:あとさ、あの当時、本当に「エンタメいらない」みたいだったじゃん? ハマ:うんうん。 小沢:どう思う? エンタメってどういう存在なんだろう? ハマ:でも、人間にしかつくれないし、感じられないことですからね。いらないも何も、なんていうか、生きるうえで絶対に何かしらそれに支えられてるっていうことを気づいてない人がこんなにもいるんだなって僕は思いました。 小沢:うん、そうだね。 ハ

            スキ
            1

            読む、 #ウェンホリ No.08-02「誰かが悲しんだらエンタメじゃない」

            <No.08-01から続く> コロナ禍に沸き起こったエンタメ不要論 小沢:まあ、社会が不安定なときとかだと、「エンタメはもう不要だ」とか言うじゃない? 特にこのコロナ禍、なんかライブハウスに入れない時期とかも、あったじゃん? どう思った? 俺はね……俺が思ったことから言っていい? ハマ:もちろん。 小沢:俺はもう、子供の頃からライブハウスに通っていたの。名古屋とか、ハックフィンとか、わかる? ハマ:ハックフィン、わかります。 小沢:俺、15歳ぐらいからハックフィン