「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

SmartHRがはじめる「働くの実験室(仮)」は、さまざまな取り組みを通じて人と企業のこれからを模索するプロジェクトです。社会の変化をしなやかに受け止めながら小さな試みを繰り返す、実験室のような存在を目指します。こちらでは実験の過程を随時公開しています。

「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

SmartHRがはじめる「働くの実験室(仮)」は、さまざまな取り組みを通じて人と企業のこれからを模索するプロジェクトです。社会の変化をしなやかに受け止めながら小さな試みを繰り返す、実験室のような存在を目指します。こちらでは実験の過程を随時公開しています。

    マガジン

    • WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)

      2022年6月8日(水)からスタートするPodcast番組「WEDNESDAY HOLIDAY」のマガジン。 「WEDNESDAY HOLIDAY」は、働き方やライフスタイルが多様化する中でそれぞれが感じる「心地良さ」をテーマに、毎回さまざまな分野で活躍する2名のゲストがゆるやかに語り合うトークプログラムです。さまざまな世界で活躍する2名のゲストを招き、暮らすことや働くことについてリスナーのみなさんと共に考えます。

    • WORK and FES 2022

      2022年12月21日(水)に実施する「“働く”のこれからをさがす1日」がテーマのオンラインフェスWORK and FES 2022についてのマガジンです。

    • 働くの実験室(仮)

      「働くの実験室(仮)」にまつわるニュースや、新しい取り組みの公開などをお伝えするマガジンです。

    • WORK DESIGN AWARD

      働き方をアップデートするため奮闘する組織や人を応援し続ける「WORK DESIGN AWARD」についてのマガジンです。

    • 読む実験準備室

      「働くの実験室(仮)」プロジェクト内のさまざまな取り組みの過程や裏話、時にメンバーの想いを綴った記事をまとめています。メイキングのような存在です。

    リンク

    最近の記事

    読む、 #ウェンホリ No.20「悩みが人生の宝物になることもある」

    悩みをネガティブに捉える必要はない 堀井:悩みにはいろいろなパターンがあるかと思うんですけども。松本さんがいちばん大切にされてるというか、その方たちによく伝えるメッセージみたいなものはありますか? 松本:そうですね。前回の「中道」の話なんかともつながるんですけど。「悩みがある」っていうことを必ずしもネガティブに捉えることはないんじゃないかと。もちろん、悩みが大きすぎて押しつぶされそうだっていうときにはケアが必要ですけど。でも、ケアをしながらも、その悩みは……なんでみんなそ

      • 【12/21(水)17:30〜】これからの企業成長を支える鍵。“信頼を”組織に組み込むためには(株式会社SmartHR・芹澤 雅人×株式会社Coral Capital・西村 賢)#WORKandFES2022

        こんにちは。 WORK and FES 2022、いよいよ今週水曜日開催です! 本日は、「信頼」をテーマとしたトークセッションのご紹介です。 数ある商品・サービスの中から選んでもらえるブランドを構築するために何をするべきか。少子高齢化や人口減少、人材の流動化が加速する中でいかに「働きたい」と思ってもらえる企業であり続けられるか。そのキーファクターの一つが「信頼」なのではないかと、私たちは考えました。そこで、当セッションでは企業が長期的な成長のために築くべき従業員とのパートナ

        • 【12/21(水)19:30〜】「WEDNESDAY HOLIDAY」 公開収録 〜みなさん2022年もお疲れさまでしたスペシャル〜(フリーアナウンサー・堀井美香×メイプル超合金・安藤なつ×国語辞典編纂者・飯間浩明)#WORKandFES2022

          こんにちは🧑🏼‍🔬 12/21(水)開催のWORK and FES 2022まで、いよいよあと2日になりました。 本日は、FESの部として19:30から生配信する 『「WEDNESDAY HOLIDAY」 公開収録 〜みなさん2022年もお疲れさまでしたスペシャル〜』をご紹介します! WORK and FES 2022を主催する私たち働くの実験室(仮)プロジェクトが、毎週水曜日にお届けしているポッドキャスト番組「WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)

          • 【12/21(水)13:30〜】パーパスって本当に必要? 企業と従業員をつなぎ、指針として機能させるために(株式会社MIMIGURI・安斎 勇樹×株式会社ファーメンステーション・酒井 里奈)#WORKandFES2022

            こんにちは! 年末が近づき、WORK and FES 2022の開催までいよいよ1週間を切りました。本番に向けて、引き続き心を込めて準備していきますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。 本日は「パーパス」をテーマにしたトークセッションをご紹介します。 「パーパス」とは、自社の存在意義や社会に与える価値を言語化したものだと言われています。組織のメンバーそれぞれが同じ未来へ進むための指針になりうることから、パーパスを設定する企業も増えているそうです。しかし、その言葉を実感のあ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • WORK and FES 2022
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • 働くの実験室(仮)
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • WORK DESIGN AWARD
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • 読む実験準備室
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • WORK and FES 2021
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            SmartHR Store ものづくりのクフウ視察日誌 「それ、どうやってつくりましたか?」 vol.1「コクヨの開発哲学」

            座面が360度自由自在? 人気チェア「ing」シリーズの仕掛け人 小春日和の日差しの中、3名が足を運んだのは、品川にあるコクヨさんが運営する“「働く・暮らす」の実験場”こと「THE CAMPUS」。 お昼時ということもあり歩道のキッチンカーから美味しそうな匂いが漂ってきたり、建物の中にはお絵描きするお子さんを見守るお母さんの姿があったり。かと思ったら、その脇でコクヨの社員さんがオンライン会議中。まさに「働く」と「暮らす」が共存する空間です。 「ようこそ、コクヨへ」と優し

            読む、 #ウェンホリ No.19「思いがけなさが人生を切り拓くこともある」

            夢や目標は“呪い”にもなりうる!? 堀井:今日はですね、そんな松本さんのバックボーンを知ったところで、こんなテーマで進めていきたいと思います。「頑張らない自分も肯定したい。目標という呪いから解放されるには?」ということなんですが。ちょっと「呪い」っていうワードが、なかなか強くてね、びっくりしますけれども。 お坊さんである松本さんを前にして「呪い」というと、霊的なイメージを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれないんですけれども、そうではなくて。松本さん、過去のインタビューで

            【12/21(水)14:30〜】なぜ私たちは学び続ける必要があるのか?「リスキリング」という言葉に惑わされないために(キリンホールディングス株式会社・吉野 桜子×東京都市大学・岡部 大介)#WORKandFES2022

            こんにちは。 本日はWORKandFES2022で行われる「リスキリング」をテーマとしたトークセッションのご紹介です! 新語・流行語大賞にノミネートされるなど、2022年のホットワードとなった「リスキリング(学び直し)」。急速な社会の変化や、コロナ禍が後押ししたDXの推進などを背景に注目を集めましたが、その語り口はまだ断片的で、考察の余白を多く残していると言えます。そこで今回は、“新規事業立ち上げ”の事例と“遊び”の事例を通して、この言葉の可能性を探ります。 当セッション

            【12/21(水)16:20〜】「WORK DESIGN AWARD」から探る、働きやすさの最前線(伊藤 羊一×岩嵜 博論×副島 智子×浜田 敬子×龍崎 翔子)#WORKandFES2022

            こんにちは! WORK and FES 2022当日がだんだんと近づいてきました。 見応えのあるイベントにできるよう、引き続き運営メンバーで準備をしていきます 💪 本日ご紹介するセッションは、「WORK DESIGN AWARD 2022」のドキュメンタリー映像です。 WORK DESIGN AWARDとは、2021年に働くの実験室(仮)主催ではじまったアワードで、今年2回目の開催です。 日本の「働きやすさ」を前に進めることを目的に、働き方をアップデートした取り組みに焦点

            【12/21(水)16:30〜】産休・育休制度が “良い組織” を育む?企業&当事者それぞれの視点から考える(武田 雅子×宮嶌 裕二×坂田 匠)#WORKandFES2022

            こんにちは。 本日はチームビルディングに関するトークセッションのご紹介です! 育児・介護休業法の改正に伴う男性育休の取得推進の活発化などにより、近年さらに関心が高まる産休・育休。従業員の心地よい働き方を考える上でも、あらゆる変化に対応できるしなやかさと信頼感のある組織づくりを実現させる上でも、欠かせない制度のひとつです。 実際に、産休・育休制度を充実させた企業からは「従業員同士の互助精神がさらに育まれた」「比例するように売上もアップした」といった結果も出ているそうです。今

            【12/21(水)15:30〜】“やさしさ”じゃなくて“当たり前”に。アクセシブルな企業・社会をつくるためのルールメイキング(松森 果林×高橋 治×辻 勝利)#WORKandFES2022

            こんにちは🧑🏼‍🔬 WORK and FES 2022まで3週間を切りました🙌 運営メンバー一同、ドキドキしながら準備を進めています・・! さて、今日からは、イベント当日のトークセッションをご紹介していきます。 本日は、企業や社会のアクセシビリティについて考えるトークセッションです。昨今「D&I」という言葉に注目が集まる一方で、障害がある人々の労働参加はなかなか進んでいないのが現状です。「障害の社会モデル」や「無意識の偏見」など、この現状を変えるために必要な考え方を交えな

            読む、 #ウェンホリ No.18「どうせなるなら、熱狂する素人でいたい」

            何者でもない自分がコンプレックスだった 堀井:今回はですね、小国さんと「素人感覚の生かし方。その道のプロが見えなくなるもの」という、なんかちょっと胸をえぐられるような……(笑)。 小国:えぐられますか(笑)。 堀井:いろいろ見えない過程がありましたね。なかったですか? ということで、たとえばスポーツの世界ではアマチュアとプロの線引きがしっかりなされている場合があります。プロ野球選手、プロサッカー選手などなど、卓越した知識と技術を持って、それを仕事にしてお金を稼ぐというこ

            読む、 #ウェンホリ No.17「不謹慎に対する価値観を寛容さで変えていく」

            “不謹慎”の線引きを決めるものとは? 堀井:小国さん、いろんな取り組みをされてるんですけども。たとえば、この「注文をまちがえる料理店」っていうのも、パッと聞いただけだとちょっと誤解を生んでしまうとか……「そうか、そうか。認知症の方たちがそんなことをするんだ」って。まあ、なんでしょう? 言葉は悪いんですけど「不謹慎だ」みたいなこともなんとなく、言われたりするということもおありだったんですか? 小国:ありますね。その認知症の状態にある方がホールスタッフを務めて。で、注文を取っ

            12/21(水)、 “働く”のこれからをさがす1日「WORKandFES 2022」を開催します!

            こんにちは! 「働くの実験室(仮)」のpsanaeです。 昨日、情報解禁になったばかりのイベントのお知らせです。 大型オンラインフェス「WORK and FES」を12/21(水)13:30〜20:30に開催します!👏 ■ 「WORK and FES 2022」公式サイト(無料参加申込はこちらから) WORK and FESは2020年に始まった大型オンラインイベント。 昨年は4,000名を超える方々にご参加いただきました! 今年は昼間は「WORKの部」として昨今の働く

            読む、 #ウェンホリ No.16「みんなが助け合う社会の実現を目指して」

            みんなで助け合う社会づくりが政治の役目 岸本:本当に困ったらやっぱりちゃんと行政が助けてくれるっていう、そういう社会のために。やっぱりそれのために税金を払ってるわけだし。そのために社会保障があるわけだし。それを、どうしても自己責任的な考えで……「自己責任」って本当に怖いなと思うんですけど。「自分も一生懸命やるけども、人のことは関係ない」っていう、そういう考えだと本当に自分が困ったときに……ってなってしまうので。だからやっぱりみんなで助け合う社会づくりっていうの政治の役目かな

            「WORK DESIGN AWARD 2022」 受賞企業・団体が決定! グランプリは、 学校法人 新渡戸文化学園#WORKDESIGNAWARD2022

            こんにちは! 働くの実験室(仮)プロジェクトのpsanaeです! 6月から始まった、働きやすさをアップデートした取り組みを見つけ・広め・讃えるアワード「WORK DESIGN AWARD 2022」。 応募いただいた98件の取り組みの中から、審査会を経てグランプリと各部門の受賞取り組みが決定し、11/10(木)に授賞式を実施しました 🎊 開催の授賞式では、3名の審査員と、スペシャルプレゼンターである木梨憲武さんと伊藤淳史さんが出演、受賞者のみなさまに盾を贈呈しました。

            読む、 #ウェンホリ No.15「多様な人が住む街で、多様な意見と向き合うために」

            話し合いのなかで共通項を増やしていく 堀井:今回は「それでも私たちは異なる意見を持つから問題を解決できる」ということで伺っていきたいなと思っております。昨今ですね、多様性やダイバーシティという言葉を耳にする機会が増えました。 実は似た意見を持つ人が集まる画一的な組織というのは変化に弱くて、死角に気づきにくいといった弱点が指摘されています。それを補うために性別や年齢、価値観などが違った個人を組織のなかに幅広く受け入れていくことで、複数の視点を持って問題解決を目指そうという動