「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

SmartHRがはじめる「働くの実験室(仮)」は、さまざまな取り組みを通じて人と企業のこれからを模索するプロジェクトです。社会の変化をしなやかに受け止めながら小さな試みを繰り返す、実験室のような存在を目指します。こちらでは実験の過程を随時公開しています。

「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

SmartHRがはじめる「働くの実験室(仮)」は、さまざまな取り組みを通じて人と企業のこれからを模索するプロジェクトです。社会の変化をしなやかに受け止めながら小さな試みを繰り返す、実験室のような存在を目指します。こちらでは実験の過程を随時公開しています。

    マガジン

    • WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)

      2022年6月8日(水)からスタートするPodcast番組「WEDNESDAY HOLIDAY」のマガジン。 「WEDNESDAY HOLIDAY」は、働き方やライフスタイルが多様化する中でそれぞれが感じる「心地良さ」をテーマに、毎回さまざまな分野で活躍する2名のゲストがゆるやかに語り合うトークプログラムです。さまざまな世界で活躍する2名のゲストを招き、暮らすことや働くことについてリスナーのみなさんと共に考えます。

    • 読む実験準備室

      「働くの実験室(仮)」プロジェクト内のさまざまな取り組みの過程や裏話、時にメンバーの想いを綴った記事をまとめています。メイキングのような存在です。

    • WORK DESIGN AWARD

      働き方をアップデートするため奮闘する組織や人を応援し続ける「WORK DESIGN AWARD」についてのマガジンです。

    • WORK and FES 2021

      2021年12月11日(土)に実施する「“働く”の未来を考える1日」がテーマのオンラインフェスWORK and FESについてのマガジンです。

    • 働くの実験室(仮)

      「働くの実験室(仮)」にまつわるニュースや、新しい取り組みの公開などをお伝えするマガジンです。

    リンク

    最近の記事

    読む、 #ウェンホリ No.09「仕事から離れることでわかる自分の置き場所」

    「ほぼ日の篠田さん」ではなく、「ただの篠田さん」へ 堀井:篠田さんはほぼ日さんを辞められてから「ジョブレス」の期間があったという。これも、私は50歳で(TBSを)辞めたときに、もうやっぱり「次の石を置いておかないと!」と思って必死だったわけです。そのジョブレスとか、なにかを1回やめるっていう勇気もなかったし。そんなことは考えられなかったんですけど。ジョブレスする勇気は、よくありましたね(笑)。自然な流れだったんですか? 篠田:自然な流れと……まあ、でも自然な流れが8割、9

    スキ
    3
      • #働くの実験室(仮) Podcast「WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)」 レギュラー版スタートのお知らせ👏👏

        こんにちは!室長のnakamariです👩‍🔬 夏が終わり、だいぶ涼しくなってきましたね! 冬が来る前に、今のうちにたくさん散歩しないと、と思っています。 そして今日は、楽しい発表をもってきました。 6月・7月に全8回の特別番組としてお送りしたPodcast「WEDNESDAY  HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)」。なんと、昨日からレギュラー版として再スタートしました🎉🎉 今日は新生 #ウェンホリを、たっぷりご紹介しますね。 ■ 9/28配信回 👏 特別番組では毎

        スキ
        2
        • 読む、 #ウェンホリ No.08-04「好きなことについて話す、もうそれだけでエンタメ」

          <No.08-03から続く> 二人がハマっている『アンブレラ・アカデミー』 小沢:配信物とかは観てる? ハマ:配信物、観ますよ。 小沢:なにを観てる? ハマ:まあ、もう本当にプラットフォーム的に言うとNetflix、Amazonプライムビデオ、Hulu、dTVとかあのへんも、もうあらかた。やっぱり特色があるんでね。 小沢:『アンブレラ・アカデミー』、観てる? 俺、もうめちゃくちゃ好きなの、『アンブレラ・アカデミー』。 ハマ:面白かったですね。 小沢:もうシーズ

          • 読む、 #ウェンホリ No.08-03「エンタメは、生きる理由になる」

            <No.08-02から続く> 「エンタメと無縁だ」と思っていても、そんなことはない 小沢:あとさ、あの当時、本当に「エンタメいらない」みたいだったじゃん? ハマ:うんうん。 小沢:どう思う? エンタメってどういう存在なんだろう? ハマ:でも、人間にしかつくれないし、感じられないことですからね。いらないも何も、なんていうか、生きるうえで絶対に何かしらそれに支えられてるっていうことを気づいてない人がこんなにもいるんだなって僕は思いました。 小沢:うん、そうだね。 ハ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • WEDNESDAY HOLIDAY(ウェンズデイ・ホリデイ)
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • 読む実験準備室
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • WORK DESIGN AWARD
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • WORK and FES 2021
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR
          • 働くの実験室(仮)
            「働くの実験室(仮)」活動記録 by SmartHR

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            読む、 #ウェンホリ No.08-02「誰かが悲しんだらエンタメじゃない」

            <No.08-01から続く> コロナ禍に沸き起こったエンタメ不要論 小沢:まあ、社会が不安定なときとかだと、「エンタメはもう不要だ」とか言うじゃない? 特にこのコロナ禍、なんかライブハウスに入れない時期とかも、あったじゃん? どう思った? 俺はね……俺が思ったことから言っていい? ハマ:もちろん。 小沢:俺はもう、子供の頃からライブハウスに通っていたの。名古屋とか、ハックフィンとか、わかる? ハマ:ハックフィン、わかります。 小沢:俺、15歳ぐらいからハックフィン

            読む、 #ウェンホリ No.08-01「エンタメ業界に携わる人の肩書き問題」

            職業欄に書く肩書きどうしてる? 小沢:さあ、今日はポッドキャストのパーソナリティとしてハマくんと話してるんですが。一応、肩書き、僕は芸人。ハマくんはミュージシャン……ミュージシャンって言っていいの? ハマ:ミュージシャンで、はい。お願いします。ベーシスト・ミュージシャンっていうことで。 小沢:肩書き、どうしてる? ハマ:「ベーシスト」にしてますけど。 小沢:ああ、いいね! ハマ:僕は曲をつくったりはしないので。僕はベースを弾いてるっていうだけなんで。で、こうやって

            スキ
            1

            読む、 #ウェンホリ No.07-04「自分が生きやすくなるために、毎日楽しく行動する」

            <No.07-03から続く> あんまり「仕事、仕事」言わないほうがいい 小沢:だから「好き」を仕事にしてる人っていうので、当然たぶん僕が憧れたダウンタウンや千原兄弟さんもそうだろうし。でも、いちばん「好き」を仕事にしてる人は誰だろう? って考えると俺はブルーハーツっていうか、クロマニヨンズ。ヒロトとマーシーだと思う。ただあの人はさ、「仕事」って思ってないかもしれない。好きだからずっとやり続けてるだけで、たまたまそれがなんだろう? 生活できるお金になってるけど。あの人たちは

            スキ
            2

            読む、 #ウェンホリ No.07-03「一生追いつけないのが真のヒーロー」

            <No.07-02から続く> すべてが真島昌利基準で生きる小沢さん 小沢:結構ね、俺はやっぱ真島さんが基準なの。中学校のときに真島さんを見て「なにかやりたい」と思って。まあ、子供の頃、バンドはじめたりとか、それでダウンタウンを見て……とか、いろいろあったんだけど。もうスタートは絶対に真島さんで、真島さんがすべての基準なの。それで今、当然OKAMOTO'Sもさ、曲をつくったり、ライブをやったり。俺らも今、月に1本、漫才ライブをやってるんだけどさ。真島さんが昔、インタビューか

            スキ
            1

            読む、 #ウェンホリ No.07-02「本当に好きな人には会いたくない」

            <No.07-01から続く> 小沢さんと真島昌利さんとのファーストコンタクト 小沢:なんかさ、変な話、好きな人……これは別に恋愛とかじゃなくて、憧れのバンドとか、憧れのお笑いの人じゃないけど。「なにを好きではじめたのか?」とか、それってすごい興味があるのよ。後輩に対してでも、面白い奴がいると「どんなの観て育ったの?」とか。変な話さ、聞かれても答えるの難しいと思うのよ。 ハマ:そうですね。自分に置き換えてもやっぱりちょっと難しかったりしますもんね。そこは。 小沢:すごく

            スキ
            2

            読む、 #ウェンホリ No.07-01「好きを仕事にする場合の向き・不向き」

            好きを仕事にするのは、果たして本当に心地良い? 小沢:ということで、ゲストのハマ・オカモトくんです。よろしくお願いします。 ハマ:お願いします。 小沢:いや、ご無沙汰しております。 ハマ:ご無沙汰です。嬉しいです。なんか、こういう機会でお話できるのは。僕がゲストで小沢をお迎えしたことが、自分の番組では……偉そうですけどね。あるんですけども。 小沢:呼んでいただきまして。今回は、なんか僕がパーソナリティという形でちょっと……気持ち悪いでしょう?(笑) ハマ:気持ち悪

            スキ
            4

            読む、 #ウェンホリ No.06-04「日本には広場もストリートもないけど、銭湯がある」

            <No.06-03から続く> 場所じゃなくて、居場所がもっと増えたら 荻上:でも、この生活のなかでたぶん、心地良い休日を過ごしたいとか、健やかな時間を過ごしたいっていう方々がいらっしゃって。「どうすれば過ごせるんですか?」って問われることもあると思うんですよ。でもそれも「なにが得意で、なにが不得意ですか?」とか、「なんの時間が好きで、なんの時間が嫌いですか?」とか、その人によっても違うじゃないですか。で、身近で友人同士でそういったことを話せる人がいなかったとしても、こうい

            スキ
            3

            読む、 #ウェンホリ No.06-03「趣味がなくても豊かに暮らすことはできる?」

            <No.06-02から続く> 趣味が多ければ多いほど、人生が豊かになると信じていた 荻上:あの、「趣味はなんですか?」って質問、あるじゃないですか。あの質問について最近、よく考えていて。あれって結構、一方的だなと思うんですよ。「えっ、趣味がある前提なの?」みたいな。で、たぶん概念さんと僕は趣味ある人間で。趣味を仕事にもして。で、趣味が多ければ多いほど、教養とか豊かさに繋がるって信じていたタイプだと思うんですけど。今、人生振り返ると「土日、なにをしてた?」って聞いたときに「

            スキ
            2

            読む、 #ウェンホリ No.06-02「“なにもしない”が苦手な2人のストレス対処術」

            <No.06-01から続く> 「しない」が苦手な2人 荻上:ただその先、疲れたことに気づく。それに対してじゃあなにかをしようとするってなったときに「する」のが苦手な人と、「しない」のが苦手な人がいると思うんです。僕はしないのが苦手なんですね。というのは、そのドラマを見るとか、あとはゲームをするとか、音楽聞くとか、友達と話すとか、飲みに行くとか。「なにかをする」っていうことでストレスを発散しようとするんですけど。 僕の仕事って人と話して、ドラマとか本を読んで。それでいろん

            SmartHR Store ものづくりのクフウ視察日誌 「それ、どうやってつくりましたか?」 vol.0「SmartHR Storeの歩み」

            まずはメンバー紹介から この連載のために今回「ものづくりのクフウ視察団」を結成した SmartHR Store の運営メンバーたちを紹介します。 なむ(@nam_nam)、べべ(@bebene3)、なかまりの3名です。普段はさまざまなプロジェクトや業務を担当していますが、SmartHR Storeでは、それぞれ店長、チーム長、プレスとして活動しています。 この3名で、さまざまな先輩企業を訪問し、ものづくりのクフウを探っていきたいと思っています。とその前に、今回はSmar

            スキ
            58

            読む、 #ウェンホリ No.06-01「いつの間にか消耗している人は“頼る”ことも大切」

            「仕事疲れ」がピンとこない 荻上:前回の配信では「心地良さと健やかさ」というテーマでいろいろなお話をしてきました。今回はですね、「仕事疲れをどうにかしたい」というテーマで話していきたいと思いますが……概念さん、仕事疲れすることってありますか? 星野:いや、もう全然やっぱりありますよ。 荻上:ありますか。どういうときですか。 星野:ひとつは身体的な疲れですね。たとえば夜勤とかしてて、寝られないみたいな。あとはですね、頭が忙しくなりすぎて、余裕がなくなるみたいなことが結構

            読む、 #ウェンホリ No.05-03「“変えなくてはいけない”ではなく、“そのままでいい”が大事」

            <No.05-02から続く> 雑談のなかに関係性を深めるヒントがある 荻上:そうですよね。僕は30代の中頃にうつ病になって。前半から中頃ですかね? で、その頃からメンタルヘルスのクリニックに通うようになって。それで少し回復してきたぐらいから、心理学の本とかを多く読むようになったんです。というのは今、日本だとカウンセリングに通うのがなかなか難しくて。その適切な方法を使った、確かなカウンセリングって予約がいっぱいで。予約を取る電話の受け付けを始めるのが半年後です、みたいなクリ

            スキ
            2